おすすめ若手マイナーバンド'18

遅くなりましたがあけましておめでとうございます。

私の近況ですがNetflixに登録したため、休みの日は映画やドラマを見続けておりインドアに一層、拍車がかかってしまいました。

同時並行でバンドを聴き漁ることも続けています。

私のTLではだいたいDIR EN GREYが~、90年代ポンコツVIJUARUーKEIが~という話題で持ちきりで、今更そのへんの話をしてもしょうがないところもあります。

ということで、逆に最近のヴィジュアル系に疎い方のために比較的若手(であろう)のバンドの紹介でもしようかと思います。

 

 

まみれた

www.youtube.com

ゼロ年代コテオサ系を彷彿とさせるサウンド。具体的に言えば蜉蝣を思い出す。変態的でへんてこな歌詞がくクセになる。「お邪魔します」のワンフレーズで押し通すのも潔いしノックの音を繰り返すのも面白い。MVの構成は「アイドル狂いの~」っぽいかな。音がかなり骨太なところがギャップが合って良い。

 

 

DAMY

www.youtube.com

こちらもコテオサっぽいサウンド。初期はDEZERTフォロワーという感じだったが最近は自分たちのスタイルが出来上がりつつありこれからが楽しみ。1stアルバムがかなり良かったので気になった人はそちらから入るのがおすすめ。ドラムが上手いのもポイント高い。ボーカルは初期はけっこうオラオラ系の見た目だったのにいつから困り眉に...。ゼロ年代コテオサ系は細く短い眉が主流だったが、眉毛の形でも時代の移り変わりを実感できる。

 

 

リベリオ

www.youtube.com

MEJIBRAYに影響受けたのかな?というV系メタル。MVがダサすぎるのが気になるが、音はTHE ヴィジュアル系メタルって感じでかっこいい。ドラムが打ち込みっぽいのが少し残念だな~。2018年2月を以て解散。

 

 

JILUKA

www.youtube.com

とんでもねぇ演奏力のヴィジュアル系Djentバンド。マイナーバンドでここまで演奏上手いのは久しぶりに聴いた。初期はDELUHIフォロワーのチャラいバンドと思っていたが、FAR EAST DIZAINともツーマンするようになり音も本格的に。ライブで再現できてるのかは疑問だが。難点としては、ノリずらい。

 

 

ヴァージュ

www.youtube.com

ex)メディーナとex)MALISENDのメンバーで結成されたヴァージュ。古き良き時代へのリスペクトがかなり感じられて好印象。ボーカルはDIAURAやヴァルナが好きなことは分かるが、「ヴォエ」みたいな吐き出すシャウトや一部の歌詞を見てみるとヴィドールにも影響受けてるのかな?クオリティは高いのにどうしてもポンコツ感が出てしまっているところも○

 

マルコ

www.youtube.com

若手かと言われれば微妙ですが最近のバンドなので...。珍しいMERRYフォロワー。ボーカル、マジでガラにそっくりだな。ウネッたギターや、やかましいドラムまでも再現度が高い。ここまでするならもうMERRY聴くわ...とは言わずに。

 

 

DEVIZE

www.youtube.com

こちらもMEJIBRAYフォロワーといったバンド。そう考えるとMEJIBRAYがマイナー界隈に与えた影響すげぇな...。このバンドはボーカルの声質の良さとメロディが武器だと思っているので無理にデスボイスを使わずに、メロディで押していく曲をもっとやればいいのに...と思っていましたが、2018年3月を以て解散。

 

 

グリモア

www.youtube.com

世界観の徹底が素晴らしいメルヘンバンド。「ぼく」と4匹の動物たちという不思議な編成。衣装がかわいく歌詞もひらがなで統一、ボーカルは顔出ししないという徹底ぶり。ダーク+メルヘンって、まぁありがちなコンセプトではあるが、それをいかに追求し表現するかを考え抜いているので完成度が高い。

 

 

 

比較的マイナーなところから紹介したので、「前バンドが少し有名なメンバーの在籍している新規バンド」の紹介はしていません。自分の好みがメタルに寄っていることもあるのですが、マイナー界隈はまだまだメタルが強そうです。一方で所謂「メンヘラ」を扱うバンドも増えているな~という印象もありますが、そちらは好みの範疇ではないため詳しくはわかりません。

みなさんも何かオススメがあれば教えてください。

広告を非表示にする

2017年ベストアルバム後編

つづきです

 

 

4位

ラッコ「弱肉教職」

てんてんを中心になかなかにキャリアのあるメンバーが集まったラッコ。

シングル曲も再構築されて、「教育」というテーマのもとで色んなタイプの曲が続いていく。雑多な感じも受けるけど、学校って色んな授業があったよなと思い返すとそれはそれでコンセプト通りなのかな。曲はとにかく繊細で且つソリッド。あまり音を重ねず、空間を意識したミックスになってるのが意外。とりあえず重くみたいな風潮に対するアンチテーゼにも思えるし、音にスキマがあっても激しさは表現できるんだなぁと思わせる。コンパクトに纏められているので何度も聴き直してしまう名盤。

つーか、これ中学生くらいで出会ってたらマジで人生にすげえ影響与えたんじゃないかなって気がするYO

www.youtube.com

 

 

 

3位 アンフィル「PARADISE LOST

2017年のソフビ、アンフィルの2nd。1stは正直、結成1年目のバンドが出すには渋すぎると思ってそんなに好きじゃなかったんだけど(シングル曲はめちゃ聴いた)、今回はライブ映えしそうな曲やポップな曲、王道な曲とバランスがよくて一つの作品として完成度が高くなってる。とにかくシングル曲のパワーがすごくて「Lamplight=melody」が序盤に、「ラヴァ」が終盤に配置されていることでグッと引き締まってる感じ。シャウトっぽいことも初めてしてたり、すごいポップに振り切った曲があったりとアルバムならではの挑戦をしていて今後も楽しみになったね~。

www.youtube.com

 

 

2位 DIMLIM「VARIOUS」

いやとんでもねぇバンドが出てきたなと思ったよ。D.I.DとDeviloofのメンバーが組んだらまぁメタルをやるよねって思ってたけど、かなり予想を超えてきた。ボーカルが新人らしいんだけど、ここまで歌が上手いとはびっくりした。演奏もがっつりdjentでユニゾンばりばりだしさぁ。昔、D.I.Dの「Paranoid Personality」聴いて、『これ、「ぼくのかんがえたさいきょうのびじゅあるけい」じゃん!!!!」って大興奮していたけど、「アワレワタ」聴いたら上塗りされちゃったね。

バラードも入ってるし、まさしく「VARIOUS」って感じ。個人的には「メンタルヘルスダンス」がツーバス踏みまくりのシャッフルリズムで、実は一番やべーんじゃないかと思ってます。

最近ドラムとベースが脱退してしまってこれからどうなることやらですが、、、

www.youtube.com

 

 

1位 Chouchou「theme02 Night and Wanderer」

夜を旅する全ての放浪者たちへ...

Chouchouのコンセプトアルバムの第二弾で(第一弾は聴いてないですが「和」がテーマみたいです)今回は「夜を旅する」がテーマ。

まさしく夜に散歩をしながら、またはドライブをしながら聴きたくなるようなリラックスできるけれどどこかワクワクするよう、そんなアルバム。

ダウナーでメランコリックで無機質で、優しくて寄り添ってくれるようで...思わずおれがポエムを言いそうになるほど美しいです。

アルバムの中では異質な「1619kHz」が実はいちばん好きだったりする。何故か、けものフレンズを思い出します。なんで?

www.youtube.com

 

 

 

 

紹介していないものでも素晴らしいアルバムはたくさんありました。

Anathemaの「The Optimist」やDIAURAの「VERSUS」とか。

sukekiyoの「ADORATIO」は素晴らしかったのですが、自分の中でまだ消化できてないので入れませんでした。

では、みなさんのお気に入りが一つでも増えると嬉しいです。

 

広告を非表示にする

2017年ベストアルバム前編

2017年も終わりにさしかかり、今年もたくさんの音楽と出会うことができました。

私のTLでは90年代に活動していたバンドがいまだに大人気ですが、今回は「2017年に発売された」アルバムの中から気に入ったものを紹介します。

順位は一応付けてますが、あまり気にしないで。

 

10位

ぞんび「ぼくらはみんな死んでいる。」

バンド名からして若い。なんかチャラそう。

しかし、聴いてみると意外とかっこいいことしてます。重すぎない、まさしく「ぞんび」というバンド名にふさわしい軽い言葉遣いで生死観を歌った歌詞。シンセは今風にノリがよく。演奏はけっこうゴリゴリと。かなり優等生な感じでこれから期待できそうです。

www.youtube.com

 

9位

Cigarettes After Sex「Cigarettes After Sex」

                              SEX

www.youtube.com

 

8位

Ulver「The Assassination of Julius Caesar」

もはやブラックメタルのブの字もなくなってしまっているUlver。

個人的には前作のダークアンビエント路線が好きだったのだけれど、今回のポップでエレクトロニカな路線も良い。踊れる系っていうんですか?こういうのって

www.youtube.com

 

7位

lynch.「SINNERS-EP」

lynch.復活作。日和ることもなく、AVANTGARDEよりもダークさが増してる。TRIGGERのキラーチューン具合がすごい、DIES IRAElynch.なりの90年代オマージュにニヤリ。あと、MVでJが現れるところは何回見ても「かっけー!!!」ってなりますね。

www.youtube.com

 

6位

シュヴァルツカイン「Complex」

名古屋系を受け継ぐとか何とかで出てきたバンド。とはいったものの、アルルカンのときの「次世代名古屋系」と同じく黒夢、Laputa、Silver Roseといったマニアックでダーク!な名古屋系ではなく、lynch.やDEATHGAZEのような重く激しい音楽性のことを指している。ボーカルの声質や演奏を聴いて分かるようにlynch.リスペクトですね...というかEVOKEじゃね...

そういった激しいけどメロディも立ってるのが好きな人にははまるかも

www.youtube.com

 

5位

gibky gibky gibky「In incontinence」

前作と比べるとかなり分かりやすくなった!サビがある!私はaie信者なので彼の乾いたギターを聴けるだけで満足してしまうのですが、真さんの呪詛めいた怪しく艶のある歌が乗ることで更にかっこよくなりますね。

www.youtube.com

 

 

後半につづく

広告を非表示にする